『枕草子』の原本について 第一段(前田家本)

枕草子』の堺本の第一段は、

 

 

春はあけほのゝ空はいたくかすみたるにやう\/白くなり行山のはのすこしつゝあかみてむらさきたちたる雲のほそくたなひきたるもいとをかし
夏はよる月の比はさらなりねやもなを蛍おほく飛ちかひたる又たゝひとつふたつなとほのかにうちひかりて行もいとをかし雨ののとやかにふりそへたるさへこそをかしけれ
秋は夕暮ゆふ日のきはやかにさして山のはちかくなりたるに烏のねにゆく三つ四つふたつみつなと飛行もあはれなりまして鴈のおほく飛つれたるいとちいさくみゆるはいとをかし日入はてゝのち風のをと虫の聲なとはいふへきにもあらすめてたし
冬はつとめて雪の降たるにはさらにもいはす霜のいと白きも又さらねといとさむきに火なといそきおこしてすみもてありきなとするみるもいとつきつきしひるになりぬれのやう\/ぬるくゆるいりていにて雪も消すひつ火おけの火もしろきはいかちになりぬれはわろし

 

 

とあり、最古本の前田家本では、

 

 

はるはあけぼの。そらはいたくかすみたるに、やうやうしろくなりゆくやまぎはの、すこしづつあかみて、むらさきだちたる雲のほそくたなびきたる。

夏はよる。月のころはさらなり、やみもほたるのほそくとびちがひたる。またただひとつふたつなどほのかにうちひかりてゆくもをかし。あめなどのふるさへを かし。

秋はゆふぐれ。ゆふひのきはやかにさして山のはいとちかくなりたるに、からすのねにゆくとて、三つ四つ二つ三つなど、とびゆくさへあはれなり。ましてかり などのつらねたるが、いとちひさくみゆる、をかし。日のいりはてて、かぜのおと、むしのねなど、はたいふべきにあらずめでたし。

冬はつとめて。雪のふりたるはいふべきならず。しもなどのいとしろく、またさらでもいとさむきに、ひなどいそぎおこし、すみなどもてわたるも、つきつき し。ひるになりて、やうやうぬるくゆるびもてゆけば、いきもきえ、すびつ、ひをけも、しろきはいがちにきえなりぬるはわろし。

 

 

とあり、堺本か前田家本が原本と思われる。三巻本は、明らかに後代の改作本であろう。また、他の古典と比較して、『枕草子』が異本が多いのは、贋作であることを裏付ける証拠になると思われる。さて、堺本と前田家本の前後であるが、前田家本の方が原本に近いということは、火を見るよりも明らかである。また、平安時代の男性が漢字を使用し、女性が仮名を使用することを考慮しても前田家本が仮名を多く使用しているところからも、前田家本が最古であることを証明すると思う。

田中菊雄『英文解釈の道』

田中菊雄は、『岩波 英和辞典』で著名であるが、『英文解釈の道』は、それ以上の出来であると思う。『英文解釈の道』は、解説が先ず良く、説明は、詳細妥当を極む。

章学誠『文史通義』

章学誠は、内藤湖南博士が激賞する学者であり、王陽明に端を発する『六経は、皆史なり。』という、経書は、全て『史記』などと同じく歴史書である、という説は、夙に有名である。

 

 

『法律ラテン語格言を読み解く』 柴田 光蔵 

柴田光蔵先生は、大変ラテン語が読める方で、ラテン語の造詣が深いと見え、ラテン語のご著書は、どれも大変よく出来ていて、ラテン語に精通しているということを窺わせる。

 

 

上田勤『英語の読み方、味わい方』

上田勤の英語の捉え方は、大変優れていると思う。

 

 Mr. Tench went out to look for his ether cylinder, (1) into the blazing Mexican sun and the bleaching dust. (2) A few 

 

プラトン『Νόμοι(法律)』日本語訳

[624α]
Ἀθηναῖος
θεὸς ἤ τις ἀνθρώπων ὑμῖν, ὦ ξένοι, εἴληφε τὴν αἰτίαν τῆς τῶν νόμων διαθέσεως;

 

アテナイ

 

 Ἀθηναῖος : アテナイ


θεὸς : θεός 名詞 単数 男性 主格 神

ἤ : 接続詞 又は、それとも

τις

ἀνθρώπων

ὑμῖν

ξένοι

εἴληφε

τὴν αἰτίαν τῆς τῶν νόμων διαθέσεως;

 

 

Κλεινίας
θεός, ὦ ξένε, θεός, ὥς γε τὸ δικαιότατον εἰπεῖν: παρὰ μὲν ἡμῖν Ζεύς, παρὰ δὲ Λακεδαιμονίοις, ὅθεν ὅδε ἐστίν, οἶμαι φάναι τούτους Ἀπόλλωνα. ἦ γάρ;

Μέγιλλος
ναί.

Ἀθηναῖος
μῶν οὖν καθ᾽ Ὅμηρον λέγεις ὡς τοῦ Μίνω φοιτῶντος [624β] πρὸς τὴν τοῦ πατρὸς ἑκάστοτε συνουσίαν δι᾽ ἐνάτου ἔτους καὶ κατὰ τὰς παρ᾽ ἐκείνου φήμας ταῖς πόλεσιν ὑμῖν θέντος τοὺς νόμους;

Κλεινίας
λέγεται γὰρ οὕτω παρ᾽ ἡμῖν: καὶ δὴ καὶ τὸν ἀδελφόν γε αὐτοῦ Ῥαδάμανθυν—ἀκούετε γὰρ τὸ ὄνομα—δικαιότατον

ユークリッド『原論』訳

 

σημεῖόν ἐστιν, οὗ μέρος οὐθέν.

 [訳] 点は、部分をもたない。

 

σημεῖόν : σημεῖον 名詞 単数 主格 点

ἐστιν

οὗ

μέρος

οὐθέν