プラトン『Νόμοι(法律)』日本語訳

[624α]
Ἀθηναῖος
θεὸς ἤ τις ἀνθρώπων ὑμῖν, ὦ ξένοι, εἴληφε τὴν αἰτίαν τῆς τῶν νόμων διαθέσεως;

 

アテナイ

 

 Ἀθηναῖος : アテナイ


θεὸς : θεός 名詞 単数 男性 主格 神

ἤ : 接続詞 又は、それとも

τις

ἀνθρώπων

ὑμῖν

ξένοι

εἴληφε

τὴν αἰτίαν τῆς τῶν νόμων διαθέσεως;

 

 

Κλεινίας
θεός, ὦ ξένε, θεός, ὥς γε τὸ δικαιότατον εἰπεῖν: παρὰ μὲν ἡμῖν Ζεύς, παρὰ δὲ Λακεδαιμονίοις, ὅθεν ὅδε ἐστίν, οἶμαι φάναι τούτους Ἀπόλλωνα. ἦ γάρ;

Μέγιλλος
ναί.

Ἀθηναῖος
μῶν οὖν καθ᾽ Ὅμηρον λέγεις ὡς τοῦ Μίνω φοιτῶντος [624β] πρὸς τὴν τοῦ πατρὸς ἑκάστοτε συνουσίαν δι᾽ ἐνάτου ἔτους καὶ κατὰ τὰς παρ᾽ ἐκείνου φήμας ταῖς πόλεσιν ὑμῖν θέντος τοὺς νόμους;

Κλεινίας
λέγεται γὰρ οὕτω παρ᾽ ἡμῖν: καὶ δὴ καὶ τὸν ἀδελφόν γε αὐτοῦ Ῥαδάμανθυν—ἀκούετε γὰρ τὸ ὄνομα—δικαιότατον

ユークリッド『原論』訳

 

σημεῖόν ἐστιν, οὗ μέρος οὐθέν.

 [訳] 点は、部分をもたない。

 

σημεῖόν : σημεῖον 名詞 単数 主格 点

ἐστιν

οὗ

μέρος

οὐθέν

杉原厚吉『理科系のための英文作法』ー英文解釈のために

 

   This leads us to a new clash between classical mechanics and the results of experiment. There must certainly be some internal motion in an atom to account for its spectrum, but the internal degrees of freedom, for some classically inexplibable reason, do not contribute to the specific heat. A similar clash is found in connexion with the energy of oscillation of the electromagnetic field in a vacuum. Classical mechanics requires the specific heat corresponding to this energy to be infinite, but it is observed to be quite finite. A general conclusion from experimental results is that oscilltions of high frequency do not contribute their classical quota to the specific heat.

 As another illustration of the failure of classcal mechanics we may consider the behaviour of light. We have, on the one hand, the phaenomena of interference and diffraction, which can be explained only on the basis of a wave theory; on the other, phenomena such as photo- electric emission and scattering by free electrons, which show that light is composed of small particles.

(P.A.M.Dirac: The Principles of Quantum Mechanics, Fourth Edition, Oxford University Press, 1958 より)

 

(このことから、我々は、古典力学と実験結果の間の新しい対立に直面する。確かに、そのスペクトラムを説明するためには、原子の中に何らかの内部運動がなければならない。しかし、その内部自由度は、古典理論では説明できない何らかの理由によって、比熱には寄与しない。似たような対立は、真空中の電磁場の振動エネルギーに関しても存在する。古典力学によれば、このエネルギーに対応する比熱は、無限でなければならないが、しかし、それは確かに有限であることが観測されている。実験結果から得られる一般的結論は、高い周波数の振動は、それらの古典理論が示す程には比熱に寄与しないということである。

   古典力学では説明できないもう一つの例として、光の振る舞いが考えられる。一方では、干渉と回折の現象があり、これは、波の理論に基づかなければ説明がつかない。他方では、自由電子による光電放出と散乱の現象のようなものがあり、これは、光が小粒子からできていることを示している。)

 

これは大変上手く訳され、範とするに足りると思う。

トマス・アクィナス『ディオニシウス「神名論」注解』訳(津崎幸子『美の形而上学』による)

テキストは、現在最良のMarietti版による。

 

In Librum Beati, De Divinis Nominibus Expositio

 

第五講

132. Hoc bonum laudatur sanctis theologis et sicut pulchrum  et sicut pulchritudo et sicut dilectio et sicut diligibile.

Hoc : 代名詞 hic 単数 中性 主格 この  bonum : bonum 名詞 単数 中性 主格 善    laudatur : laudo 三人称単数 現在 直説法 受動相 讃える  sanctis : sancio 分詞  複数  theologis : theologus 名詞 複数 男性 奪格 神学者  et : 接続詞 and  sicut 副詞 〜のように  pulchrum : pulcher 形容詞 単数 中性 対格 美しい   et : 接続詞 and  sicut : 副詞 〜のように  pulchritudo : pulchritudo 名詞 単数 女性 対格 美  et : 接続詞 and  sicut : 副詞 〜のように  dilectio : dilectio  名詞 単数 女性 愛  et : 接続詞 and  sicut : 副詞 〜のように  diligibile : 愛すべき

[ 訳 ] この善なるものは、神聖な神学者たちによって美しいもののように、また、美のように、また、愛のように、また、愛すべきもののように讃えられる。

 

津崎幸子『美の形而上学』の中にトマス・アクィナスの『ディオニシウス「神名論」注解』の日本語訳があり、よく出来ていると思うが、書名がトマス・アクィナスと関係が希薄に思われるので、トマス・アクィナスに関する書籍と思われないのではないだろうか。

邪馬台国の場所

魏志倭人伝』を朝日文庫の『邪馬台国』の読み下し文に従って書す。

倭人、帯方の東南の大海の中に在り。山島に依りて国、邑を為す。

始めて一海を度り、千余里にして対馬に至る。

東南して奴国に至るまで百里

南のかた邪馬台国に至る。

奴国が九州博多にあるのならば、邪馬台国は、九州にあったということになる。

プラトン『Θεαίτητος テアイテトス』日本語訳(OCT)

[142α]


Εὐκλείδης
ἄρτι, ὦ Τερψίων, ἢ πάλαι ἐξ ἀγροῦ;

Τερψσίων
ἐπιεικῶς πάλαι. καὶ σέ γε ἐζήτουν κατ᾽ ἀγορὰν καὶ ἐθαύμαζον ὅτι οὐχ οἷός τ᾽ ἦ εὑρεῖν.

Εὐκλείδης
οὐ γὰρ ἦ κατὰ πόλιν.

Τερψσίων
ποῦ μήν;

Εὐκλείδης
εἰς λιμένα καταβαίνων Θεαιτήτῳ ἐνέτυχον φερομένῳ ἐκ Κορίνθου ἀπὸ τοῦ στρατοπέδου Ἀθήναζε.

Τερψσίων
ζῶντι ἢ τετελευτηκότι;

 

[142α]


Εὐκλείδης
ἄρτι, ὦ Τερψίων, ἢ πάλαι ἐξ ἀγροῦ;

 

エウクレイデス

ちょうど今か、テルプシオン、それともずっと前から戻ってきたのか。

 

 Εὐκλείδης エウクレイデス

ἄρτι ἄρτι 副詞 ちょうど今

ὦ 呼び掛け

Τερψίων テルプシオン

ἢ 逆接の接続詞 それとも

πάλαι 副詞 ずっと以前

ἐξ 前置詞 ~から

ἀγροῦ ἀγρέω 二人称単数 未完了過去 直説法 中動相 戻る

; 疑問符 英語の?に当たる。

 

 

Τερψσίων
ἐπιεικῶς πάλαι. καὶ σέ γε ἐζήτουν κατ᾽ ἀγορὰν καὶ ἐθαύμαζον ὅτι οὐχ οἷός τ᾽ ἦ εὑρεῖν.

Εὐκλείδης
οὐ γὰρ ἦ κατὰ πόλιν.

Τερψσίων
ποῦ μήν;

Εὐκλείδης
εἰς λιμένα καταβαίνων Θεαιτήτῳ ἐνέτυχον φερομένῳ ἐκ Κορίνθου ἀπὸ τοῦ στρατοπέδου Ἀθήναζε.

Τερψσίων
ζῶντι ἢ τετελευτηκότι;

 

アリストテレス『Metaphysics』

 

πάντες  ἄνθρωποι  τοῦ εἰδέναι  ὀρέγονται  φύσει.

[訳] 全ての人は、自然に知識を切望する。

πάντες πᾶς 形容詞 複数 男性 主格 全ての  

ἄνθρωποι ἄνθρωπος 名詞 複数 男性 主格 人

τοῦ εἰδέναι 動詞 未来 不定法 能動相 知識

ὀρέγονται ὀρέγω 三人称複数 現在 直説法 中動相 ~を切望する

φύσει φύσις 名詞 単数 女性 奪格 自然