高津春繁『言語学概論』

動詞は、格を有せざる文の一部で、時、人称、数、動作及びその作用を表す。この様な定義は、動詞とは何かというよりは、どういう文法形態を有するかを示すもので、ここにギリシア文法家の考え方がよく表れている。

 

この説明だけでも、高津春繁の天賦の才を見ることが出来る。