derivative

曲線 f(x) 上の点A ( t,α ) 、B ( t + δ , β ) に於いて直線ABの傾きは、 a= f(t+δ) - f(t) / t + δ - t f(x)= x2 に於いて a= ( t+δ ) 2 - t2/ δ = 2t + δ2 δ= 0 なので a=2t

circumference

circumference = 4r√π T.mitui

Napier's constant

= 2.718281782 T.mitui

π=180°  

integral calculus に於いてよくπ=180° が使用されるが、πを180°に還元すれば trigonometric function の integral calculus が誤りである事が理解できる。

logical fallacy of Bombelli's method of calculating square roots

Bombelli の平方根の近似値を求める方法は、平方根の正値では無く、平方根の正値を求めることは出来ない。 T.mitui

logical fallacy of Newton's method

Newton's method は、平方根の近似値を求められる様に見えるが、これは、平方根の値に収束するだけであり、平方根の正値を求めることは出来ない。

logical fallacy of complex plane, linear algebra

complex plane、linear algebra に於いてcoordinate systemと同じ様に原点(0,0)と点を結ぶことは、人間の恣意的錯誤であり、又、錯覚であり、数学的才能の無い人間が考えることである。 T.mitui

integral calculus

y=x2y=x2に於いて、区間[0,1]に於ける積分の値は、lim t→∞ 1/3+1/2t+1/t2 T.mitui

Fermat's Last Theorem

Fermat's Last Theorem xn + yn = zn n≧3 のときxn + yn < zn なのでFermat's Last Theorem は、正しい。 T.mitui

value of zeta function

zeta function の value は、有理数計算なので、必ず有理数になり、無理数になるという結論は、数学的才の無い人間の言にして、euler、Apéry の π2/6、無理数になるという結論は間違いである。 T.mitui

fault of quantum mechanics

quantum mechanics は、ヨーロッパ圏以外の人間によりて創始された分野に違い無く、quantum と mechanics は無関係である。 T.mitui

zeta function

zeta function の値は分数の無限級数なので、nの値が偶数、奇数は無関係で、必ず無理数であり、 ζ(2)= = 68/25 = 6/5 オイラーの は、間違った三角関数の公式に頼ったものであり、値も又、誤りである。 一般に zeta function の値は、n が偶数、ζ(2)=68/25 …

Proof of collatz conjecture

整数は、2t、2t-1 に帰着され、又、2t-1 は、2t に帰着され、2tは、合成数に帰着され、奇数の素数は必ず 2t に帰着されるので、collatz conjecture は正しい。 T.mitui

Fallacy of linear algebra

linear algebra は、function の様に Coordinate system では適合出来なく、物理のmechanics の decomposition of force を数学の才の無き人間が数学に編入しただけであり、数学とは無関係である。 T.mitui

Orbit of the sun

Orbit of the sun は、一日の軌道が円を描く事により、一日に一回転、地球を回っている。地球が自転しているので太陽が動いて見えるのでは無く、一日に一回転、太陽が地球の円周を回っているのである。 T.mitui

天才

天才は、雑を嫌悪する。 T.mitui

人間と身体

人間は膿む。 T.imai

文章の長短

天才の文章は短にして、秀才の文章は長である。 T.mitui

学術の明暗

学術に於いて明暗あり、明は、天才であり、暗は、秀才である。 T.mitui

脳と才能

脳は0歳より劣化して行き、才能が退化して行く。 T.mitui

ゴットフリート・ライプニッツの『De rerum originatione radicali』

ゴットフリート・ライプニッツの著書『De rerum originatione radicali』に於いて事物の根本的起原 Why is there something rather than nothing? に就きて問いを発しているが、宇宙に物質を構成する元素の数と種類の問題になり、物質は存在する事を前提とす…

風邪の羅患

風邪に羅患するのはウィルスの作用ではなく、人間の体温が低下する事により起こる人間の反射症状であり、故に体温、室温の上昇により風邪は軽減する

人間の寿命と人間

人間の寿命は、人間の病より逃避す可からざるにより有限也、古来、光陰、矢の如し、少年老い易く学成り難し、一寸の光陰、軽みす可からず、と雖も、現代に於きて意識に登り易からず。有限を無限の如く錯覚を起こす可きならず、常に有限に就きて配慮す可き也。

logical fallacy of elementary particle

elementary particle は、atom の存在が証明されていないので、帰結的に elementary particle の存在も証明されない。 T.mitui

qualitas of Physical object

point mass of Physical object は、下に力を加えると下に行き、右に力を加えると右に行く。 T.mitui

A characteristic of the Earth and the sun

the earth には characteristic があり、South-middle altitude of the sun によりてthe earth は、変化する。 South-middle altitude of the sun が上昇する spring にはthe earth の活動は、緩慢であり、 South-middle altitude of the sun が最大の時であ…

Centuryの用法

twenty-first centuryをstarts on January 1, 2001, and ends on December 31, 2100 とすると21の数と不整合を生ずるは、紀元一世紀を最初とするので繰り上がりが生じて2001から2100の間がtwenty-first centuryとなる。2001から2100の間は2000の間隔であるか…

Logical fallacy of π=180°

π=180° として180° をπに置き換える事は、数学的に問題があり、180°をπに変換した事をπを180°に戻すと記号は、大切であるが、多様する事は、問題である事が理解出来る。 T.mitui

logical fallacy of Schrödinger equation

Schrödinger equation は、iを虚数単位とする。 iは、Gauß、引きては、イタリアの代数学、占星術師、賭博師 Girolamo Cardano による。Girolamo Cardanoは、Liber de ludo aleae など確率論の著書もあり。Girolamo Cardano の出生地ミラノは、伝染病があり、…

Arctic and Antarctic

Earth の形状を考察すれば、大気圧の限界は、Arctic and Antarctic なる。 T.mitui