verba

verba は、病と関係があり、verba は、人間に作用すれば、病を生ず。 T. theodor

somnus et aetas

somnus は、aetas と関係があり、somnus が短少であれば aetas も短少になる。 T.theodor

nervus

nervus は、消費され、消費されると病を生ず。 T.theodor

aetas  

aetas が上がると corpus は、弱体化する。 T.theodor

cellula

cellula は、呼吸をする。 T.theodor

ruga

ruga は、傷である。 T.theodor

前後左右

人間に前後左右があり、前、後、左、右、に分離する。 T.theodor

y = 1/x

y = 1/x に於いて x=0 のとき、y=0 T.theodor

lux

lux 者、materia 自り、materia を光源として熱を伴ひ放射し、物質に从ふ。 T.theodor

身体と中核

身体に中核があり、中核より病が生ず。 T.theodor

περίμετρος περιφέρεια

περιφέρεια=3.14198175744 T.theodor

身体の上下 

身体は、下降し、病を生ず。 T.theodor

骨の伸張

骨は、長時間、屈折する事により伸張し、病を生ず。 T.theodor

微細

人間の場合、微細な事より病が生ず。 T.theodor

力と腫れ

力と腫れとは、関連があり、腫れが生じて病気が発生する。 T.mitui

人間と容積

人間は、容積の如く、傾斜により前後に傾斜する。 T.mitui

手と健康

手は必ず開く動作のみ、閉じる動作をしなければならない。 T.mitui

logical fallacy of global extremum

global extremum の maximal value、minimal value は、数学的才能の無い人間が考案したもので、function の derivative は、maximal value、minimal value では無く、+、− の変換点である。 T.mitui

圧迫と血流

或る一部を圧迫し続けると血流が悪化し、病を生ず。 T.mitui

動作と骨の突起

動作と骨の突起は関係があり、同じ姿勢、癖のある姿勢を継続すれば、骨は突起し、病を生ず。 T.mitui

二つの放物線の軸が直交し、交点が四つあるとき、四交点は同一円周上にあるという命題は、誤り。

二つの放物線の軸が直交し、交点が四点あるとき、四交点は同一円周上にあるという命題に対して不確かな証明が正しいと認識されているが、証明は全くの誤りで数学的に問題があり、四交点は同一円周上にない。 T.mitui

天才

天才は、黒白を別つ。 T.mitui

剥離

剥離が生じ、病が発生す。 T.mitui

巻き爪

巻き爪は、病気を生ず。 T.mitui

体調不良と奇形変化

体調不良は、怒哀などの感情による骨の奇形変化により生ず。自律神経失調症では無い。 T.mitui

無才

無才は、醜い。 T.mitui

堆積

皮膚は、堆積され病気になる。 T.mitui

骨は、過剰に成長すれば、病気になる。 T.mitui

双曲線

双曲線 は、楕円 の + を– にしただけで、又、無理関数と同じ曲線を描く。 T.mitui

断割

屈曲するば、屈曲した方向に断割される。 T.mitui